こばとの森保育園ヘッダーイメージ
保育園紹介 保育内容 生活と行事 食事と保健 デイリースナップ 子育て支援 学童保育 入園案内
食事と保健 TOPへ 前へ戻る

食事

安全で安心して食べれる食事

幼児の食事写真 こばとの森保育園では、まず食材選びから始めます。無添加食品の使用を基本にすえながら、産直野菜の利用をはじめ、独自のルートで安全な食材の確保に努めます。また、旬を大切に考え、素材そのものの味を生かした薄味の調理を心掛けます。子ども達に、調味料の味ではなく、素材の味を知ってもらうためにも、手作りを基本とし、よい食材選びをすることは大切なことと考えています。

作った人の顔の見える米、果物を使っています。地元の野菜を使用し、子ども達が世話をしている畑の野菜も使います。
 調味料類も安心な品物です。


ひとり、ひとりの発達に合わせたキメ細かな離乳食

離乳食介助の写真
 同じ月齢であっても、赤ちゃんの発達段階には、微妙な達いがあります。体調の良い日、悪い日も時にはあるでしよう。そんな、一人ひとりの発達に合わせたキメ細かな離乳食を保育士と栄養士と調理師が一体となって作りあげていきます。

 離乳食の進行度にあわせて食器やスプーンの形態も変わります。


アレルギー児の給食

献立の写真 アレルギー児には医師、親、栄養士や保育士など三者相談の上、除去食などの対応をして行きます。また、離乳期からの食品摂取時期に気を配り、アレルギー児をつくらないための食事作りをして行きます。

 保護者から医師の除去食指示書を提出してもらいます。また、除去した食材にかわる代替の食材を使用します。


手作りおやつ

クッキングの写真 おやつは子どもにとって、楽しみのひとつであり、食事の補助としても重要な役目をもっています。こばとの森保育園では、市販の菓子類ではなく、毎日手作りのおやつで対応します。おいしくて、たのしくて、それでいて腹もちのするものがいいですね。おやつは感性を育てると言われるように心にも栄養を与えましょう。

 おやつでも野菜をたっぷりとれるよう工夫しています。


食文化を学ぶ

大根漬けの写真 食事やおやつ、クツキングなど、食べることを通じていろいろな事を学びましょう。栄養や体のしくみについても、なぜ?なに?と考えてみましょう。


延長保育時の夕方の軽食

 働くお母さんをサポートする夕方延長保育時の補食。子どもたちは家に帰ってから、ごはんが出来るまでの間、ガマンするのはとてもつらい事です。その間に、お菓子を食べたくなったり、機嫌が悪くなったり…。そんな状態を少しでも解消できればと、簡単な軽食を用意します。

 保護者アンケートも参考にして、延長おやつはサンドイッチや、小さめのおにぎり(ごはん60g位)と野菜スティック(15g)等をだしています。

 おにぎりは、鮭、大根葉、ワカメ、大豆、おかか等バラエティ豊かです。


給食便り

2013年1月号 (PDF 224KB)
2012年9月号 (PDF 130KB)
2012年8月号 (PDF 141KB)


献立表

2013年1月号 (PDF 208KB)
2012年11月号 (PDF 171KB)
2012年10月号 (PDF 225KB)
2012年9月号 (PDF 191KB)
2012年8月号 (PDF 200KB)


妖精の絵

ページトップへ戻る


保健

保健行事

*身体測定     月1回 全園児がクラスごとに行います
*内科健康診断  0歳児クラスは毎月1回、1〜5歳児クラスは年2回属託医に
             よる健診を行います
*歯科健康診断  年2回 全園児が行います
*ぎょうちゅう検査 

保健教育
積み木の写真  看護師が歯みがき講習会や手洗い指導などを、年齢にあった内容でパネルシアターや 人形などを使って話し、楽しく学び、清潔や自分の身体について興味や理解がもてるようにします。
 また、保健だよりを通して保護者の方々に、保健に関する情報や豆知識などを伝えています。

日々の健康管理

 朝の健康状態を丁寧にみていきます。その日の体調や機嫌など全体的にみて、
いつもと違うサインに早く気づき、適切に対応することが病気の悪化を防ぐことにもつながります。

アレルギー児の対応

 近年、アレルギーをもつ子どもが増えてきました。医師の指示に従い、アトピー性皮膚炎のスキンケアをはじめ、食物アレルギーの除去食など家庭との連携を密にとりながら個別対応しています。

感染予防と衛生管理

 ロタウィルス、インフルエンザなど感染症マニュアルに基づいて対応します。
 こまめな清掃や換気に心がけ、清潔で安全な保育環境をつくります。しかし、必要によって感染症が流行した場合などは、適切に薬剤による消毒を行い、細菌やウイルスの死滅、除去をして感染予防に努めます。

体力づくり

外あそびの写真 毎日の生活リズムを大切にし、基本的な生活習慣(早寝、早起き、朝ごはん)が身につくようにします。薄着の習慣をつけ、外遊びをたっぷりし、体をしっかり動かし元気で生き生きと毎日を過ごせるようにします。

ページトップへ戻る

こばとの森保育園フッターイメージ
〒125-0033 東京都葛飾区東水元1-16-2 社会福祉法人すこやか福祉会 こばとの森保育園 TEL:03-3826-7300 FAX:03-3826-7303
Copyright(c)2011 こばとの森保育園 All rights reserved.
TOPへ